テーマ:CD

たまにはゆらゆらと・・・6

たまゆら5(たまにはゆらゆらと音に身を任せてみる→たまにはゆらゆらと・・・→たまゆら:長いので略します)にて「レコードは贅沢品だ」などと書き殴りましたが、調子に乗ってもう一枚・・・。 アマゾンでチェックしてみたら、このシリーズの在庫がどんどん減っているので・・・ついポチッと・・・。 キャノンボール・アダレイ・・・マイルス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たまにはゆらゆらと・・・5

カートリッジを新調したのを機に、25年振りぐらいにレコードを買いました。 今までは、アパート住まいだったこともあり部屋で音楽を聴くなどという習慣がなく、専ら通勤途中のクルマの中で聴くことがメインでしたから、CDを買ってMacで変換してiPodに入れて聴いていました。 なので、今回は家でしか聴けない音源を買うなどという贅沢なこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お笑いソングブック~ナンセンス歌謡の日々~

「こんなの買ってど~するの!?」的CDではあります。これをUPして良いモノか迷いました(イメージってモンがあるでしょ、無いか・・・) 収録されている曲のうち、約半分は音源を探していた曲でしたから、ネットでCD発売の記事を見つけ、Amazonに予約をしてしまいました。 嘉門達夫はCDで入手できるかも知れませんが、他は無理でしょう・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Seiko Smile/松田聖子

25周年記念盤と言うことですが、ジャケットを見て参りました・・・。健在です。 全盛期はあまり好きじゃなかったのですが、曲は耳に残っているモノでして、何気に口ずさんでしまえたりするものです。 アイドルとは言え楽曲的にはしっかりしたモノが多く、現代の「流行モノ」的な音楽とは一線を画しているのがわかります。じーこ的には、やっぱり「赤いスイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE/中島美嘉

正直言ってあまり期待していませんでしたが、見事に裏切られました。 若いのに大したモンです。ちゃんと自分の世界を持っていて、それがちゃんと聴き手に伝わる。それなりの表現力がないと「伝わらない」ので、凄いことだと思います。 ちょっとキーが低めに聞こえるのはきっと声色の為でしょう、澄んだ裏声が印象的ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一青想/一青窈

一青窈の2作目のアルバムです。前作「月天心」の出来に負けないと思います。このアルバムでは井上陽水が手掛けた楽曲が2曲収録されていますが、良い雰囲気です。 一青窈の唄の世界は、歌詞だけ読むと「暗い、重い」部類だと思いますが、曲や彼女の声で「慰められる」様な感じに変わるんですね。この雰囲気がとても好きです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予感/中島みゆき

中島みゆきのアルバムの中で、個人的には傑作の部類に入ると思っています。 このアルバムはみゆきの音楽が違う方向性を向き始めた時期のモノですが、これ以降の楽曲はそれがより鮮明になり、か細い声で歌っていたのが、のどちんこを震わせている様な荒げた声で歌う様に変わります。個人的には前者の方が好きだったので、その後あまり聴かなくなってしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Voices~The Best of Keiko Lee~/Keiko Lee

人の声ってのは最高の楽器だと思います。このCDを聴いて、つくづくそう思いました。 1曲目の「イマジン」から引き込まれます。思わず聴き入ってしまうことでしょう。 夜、人があまりいない駐車場にクルマを停め、ライトを消して、ヴォリュームを大きくして聴くんです。そうすると、音しかない世界に浸れます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御訛り/伊藤秀志

平井堅が「さわやか」に「大きな古時計」を唄ったら、こっちは「ズーズー弁」で来ました。 でも、これが意外に耳に心地よく響くのです。聞き慣れた言葉が散りばめられていますが、時にフランス語みたいな響きにも聞こえてしまうのが不思議です。昔、洋楽を日本語に直訳して歌って、あっという間に消えた「王様」がいましたが、それとはちょっと違うんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more