あけましておめでとうございます

今シーズンは本格的な冬の訪れが例年より早かったものの、意外にも穏やかな正月です。

昨年は色々と忙しく、数年分を一気に駆け抜けた様な感じでしたが、今年は平穏無事に過ごしたいものです。

プライベートでは、色気も素っ気もなく例によって車輪付きのおもちゃ三昧でしたが、果たして今年はどうなるか・・・。

昨年のトピックは、矢張り人生初の輸入車を手に入れたことでしょうか。
今までクルマ雑誌を見ながら、「何故、ヒョーロンカセンセイは、輸入車(特に欧州車)を激賞するのだろう」と思っていましたが、実際手に入れてその意味がよく分かりました。
「もう、国産には戻れないかも」と思っている私にとって、ヒョーロンカセンセイのコメントは、寧ろ国産車に「甘い」とさえ思う今日この頃です。

ちょっと前まで、インポーターは「輸入車=高い」のイメージを我々庶民に植えつけてくれたお陰で、国内メーカーは寧ろ助かっていたのだとすら思えます。

リーマンショク以降輸入車はどんどん手頃な価格になり、国産車は質が落ちて値が上がっている現状。

日本のお国芸でもある軽自動車なんて、さらに屋根を高くしたクルマや、屋根を切っちゃったクルマ。顔面はおしなべて電飾や巨大なメッキ部品で飾られ、オモチャ箱をひっくり返した様な状態になっています。
所詮、日本人の趣味も、隣国と大きな差はないのねと・・・。

唯一、スズキがアルトで原点帰りを果たしたことが救いかと。(もうちょっと見てくれがオシャレだといいのにね)

メーカーを教育するのはユーザーであり、ユーザーを教育するのはメーカーであるのに、売れる物しか作らないものだから、結果同じ様なクルマばかり。
欧州車に追いつきたいと30年以上前から頑張っていたはずなのに、一向に追いつけないどころか離されてしまっている現実。
黄色いクルマに乗りながら、色々なことを考えさせられています。

技術屋の端くれとして、此れだけは言えること。
「メカがキチンとしていないと動作が安定せず、安心して使える製品にはならない。」
「ダメなメカを制御だけでは救いきれない、いいメカは無駄に多くの制御を必要としない。」
「物理の法則に逆らった設計は、いつか破綻する。」
しかしいいメカを作るには、其れなりに時間もお金も知恵も知識も、気配りも必要です。
コピペで出来る様なものではありません。
虚飾に回すお金を、メカに回してあげるともっと良くなるのになと思う製品もチラホラ見えます。
(欧州車はたぶんそこが違うのでしょう)

ただし、一品モノと違って大量生産のモノは経済的な部分も考慮して、精度の範囲を決めてあげないといけない訳で、その精度の範囲内で起こるバラツキを調整や制御で補って成立させています。
制御で救った方が安価にモノが出来上がる側面もありますが、それに頼っているとどうなるか・・・。
ソフト改修のリコールが最近多いですが、それも一因かも知れません。

日本のモノづくりは高いレベルにあります。先輩方が、カイゼンの繰り返しで作り上げたモノです。
良い設計を良い工程で作り上げることで、真に良いモノが生まれます。

耳障りの良い言葉(マジックワード)や虚飾に惑わされぬ様、物事を深掘りして出来るだけ本質に近づく癖を付けたいものです。

と、新年一発目のブログは、真面目に締めてみます。

(おまけ)
もの凄く久しぶりに、一発で引き当てた「大吉」。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

たむけん
2015年01月03日 13:43
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
私も大吉引きましたよ! でも、変に汚れたおみくじだったのでありがたみが薄れたのはナイショ

欧州車を真似してると揶揄されるマツダは魅力的ですが、それ以外はどうも・・
無味無臭のクルマよりスルメのような味わいのあるクルマが国産からも登場することを願ってます(無理か
じーこ
2015年01月03日 19:27
たむけんさん>
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
「キレも無ければコクも無い」とか、「違うところでキレてるけどコクが無い」のとか・・・色々ありますね。
年末年始、徳大寺御大の本を読み返していました。
ミウラ
2015年01月03日 21:28
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年最後のオフ会での、ルノーの試乗は正に目から鱗でした。国産車は、この20年で、何か大事なモノを亡くしたのでしょう…残念ですけど。自分が免許取得した当時は、あんなに魅力的に見えた国産車(外車は高値の華でしたし)。 良く見ると未熟な車達でしたけど、あの時代の技術者の意気込みが感じられて良かったなぁ。今は、営業サイドの意見が無闇に自動車のカタチに干渉し過ぎで。魅力的な車が皆無。 悪いけど、営業の人間が考えるモノは、中身が無いのが殆ど見える所だけ脚色する事に普請しちゃうから余計ダメ!。経営者は、製品の本質じゃなく。一銭でも安くして利益率のみ追い求めて…。結果薄っぺらい車しか造れない。買う側も、車買う時の条件がまず値引き。値引き前提の商品て…。マァ、自動車に限った事じゃないですが。 なんか、おかしいですよねぇ。ホント、次回に購入するなら中古でも良いから、外車もありかなぁと考えちゃいますね。 特に、ちっちゃい欧州車たち。走ってるの見てるだけで萌ます
じーこ
2015年01月04日 18:44
ミウラさん>
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
「数字ではきっと表せないだろうけど、乗ってみると確かに違う」部分が多々ありますね。
モノづくりは数遊びではないのですが、兎に角数値化して比較して・・・の繰り返し。
操作する人間はアナログなのに、デジタルだけでものを作っちゃうと、人間とはズレてしまいますね。
そこのズレに気が付いているかいないか・・・気づけば修正できるはず・・・。
「ユーザーは気づくまい」なんて思ってはいないと思いたいですね。